割り切り希望の女子大生に制服着させてエッチ もう、何人の人とデート援したのか覚えてないくらいに私は20代後半になってもまだデート援を続けていました。そのせいか男がいないと生きていけません。1人で夜も過ごせません。だから今もデート援を続けているんだと思います。 そんな私には忘れられない人がいます。その人は一回のデートで10万くれる男性でした。彼との出会いは出会い系でした。食事を一緒にするだけで10万もくれる彼。いつも悪いなと言う気持ちになっていました。なので今日はお小遣いいらないと言っても彼はその金額をくれます。なので、たまに手作りのお菓子をプレゼントしたりしています。 彼は、お金以外でもすごく優しい人でした。私の体のことを気にかけてくれたり、私の生活も心配してくれたり、父親みたいな存在にもなっていました。 彼と知り合ってから3ヶ月が経つ頃の事でした。彼から衝撃の告白をされました。「もう君には会えない。私は癌宣告されて、余命宣告をされている。ステージ4でもう助からない。」その言葉に驚いた私だけど彼は話を続けました。「若い子とデートをしたいと思ってサイトを利用したけれど、君に会えて本当に良かった。今日でさよならだ。」その言葉を言われて私は涙を流し、何も返す言葉がありませんでした。「最後に抱きしめていいか。」初めて彼に抱きしめられ時、私から初めて抱いてと、言ってしまいました。そして、彼と一緒にホテルへ行き私達は愛し合いました。これが彼と会ったのが最後になりました。 ホ別苺 穂別いちご
管理ログイン

-携帯レンタルランキング-
ランクちゃんねる
rankch.com
Ranking system by